私たちは、組織と個人がお互いに影響しあって成長していくことを願い、チームビルディング、コーチングなどの手法で企業の皆様を応援しています。
 レゾナンスファイブ有限責任事業組合
 TEL & FAX 03-5879-2239
 171-0021 東京都豊島区西池袋2-10-3

導入事例3.コミュニケーション力アップ 情報サービス会社

■ 研修の目的
お客様対応力の向上、およびセクショナリズムの打破。
対話において「受け入れて、積極的なオファーをする」力をつける。

■ 私たちの切り口
インプロ(即興演劇)の訓練として使われているインプロ・ゲームを用いて、体験し体感することによって、「受け入れること」と「積極的なオファーを出すこと」の有用性、および心地よさを知り、職場でのケースに当てはめた上で、実際の業務に使える知恵とスタンスを獲得していく。

1.相手や状況を、よく見て、よく聞いて、把握すること。
2.相手や状況を、十分に感じること。(相手の気持ちを感じたり、その場に何が必要なのかを感じること)
3.自分は常に、ある「視点=思い込み」を持っている、ということを知っていること。
   (自分の視点を客観視できるようになり、意識的に別な視点から発想していくことができるようになること)
4.反応するときは、曖昧でなく、はっきりとした表現をすること。

■ プログラムの内容(概略)
1.インプロ・ゲーム実施
  @ 受け入れること、積極的なオファーを出すこと
  A 感情をのせること
  B 信頼すること
2.ふりかえり 仕事での課題に即して

■ 受講者感想(概略)
・ 体感型研修だったので、非常にわかりやすかった。
・ 自分ではなかなか気付かない自分のクセを改めて理解できた。
・ 良いコミュニケーションが行われているときの、成果と楽しさを実感できた。
・ 職場においても感情というのはとても大切であることが分かった。
・ 普段のコミュニケーションでは、自分が遠慮しているためにうまくいかないこともあることが分かり、もっと思い切ってやっていいのだと分かった。
・ 普段は仕事上での話しかしない方々と、素の部分で話ができ、仕事では見られない姿をみられたことが、非常によかった。
・ 講師の2人が、本日のテーマを体現してくれていた。

■ プログラム作成 相田浩康島田光浩日座育史藤田美紀山縣いつ子

 ● トップページ

 ● 特 徴
 1.組織と個人の相互成長をサポートします
 2.仕事の「成果」と「喜び」の両方を大切にします
 3.体験・体感から学び、振り返りを重視します

 ● 研修メニュー
 0.レゾナンスシップについて

 1.レゾナンス・チームビルディング研修
 2.レゾナンス・マネジメント研修
 3.レゾナンス・コミュニケーション研修
 4.レゾナンス・セルフドライブ研修

 ● 導入事例
 1.営業力強化 (保険会社)
 2.チームビルディング (NPO法人)
 3.コミュニケーション力アップ (情報サービス)

 ● 企業概要

 ● スタッフ

 ● お問い合わせ

 ● ニュース


  ■ 個人情報保護方針

Copyright 2009 RESONANCE FIVE LLP All Rights Reserved.