私たちは、組織と個人がお互いに影響しあって成長していくことを願い、チームビルディング、コーチングなどの手法で企業の皆様を応援しています。
 レゾナンスファイブ有限責任事業組合
 TEL & FAX 03-5879-2239
 171-0021 東京都豊島区西池袋2-10-3

特徴3.体験・体感から学び、振り返りを重視します。

■ 体験学習の効果

1.主体的な行動
体験学習は、受講者がいる場「今、ここ」の場で起きていることが学びの素材になります。心と体も体験の場にあることによって、「私が」という主体性が生まれます。また、「何が起こっているか」を観察するための、聴く耳や、見る目が養われます。

2.自己認識と他者理解
体験学習は、参加する者が、互いに助け合い、課題を達成するプロセスを踏みます。そのことで、仲間に対する信頼や、他者をサポートすることの重要性が体感できます。また、ワーク終了後に行う、多角的な振り返りと率直なフィードバックによって参加者の自己認識と他者理解が深まります。

3.チャレンジ精神と達成感
体験学習は、試みる学習です。新しい自分を発見し、可能性を見つけ出すためには、自分のコンフォートゾーン(快適領域)から一歩踏み出す「変化」が必要です。これまで思考や行動の枠に捉われず、新しい状況に挑戦することが奨励されます。

■ 手法

1.プロジェクト・アドベンチャー(PA)
アクティビティ(ゲームや体験)を行うことにより、日常での行い、ふるまいを再現します。アクティビティ体験後に、そのときに起きた出来事を振り返ることにより、日常での自分たちの行い、ふるまいを客観的に把握します。その気付きをベースに、日常での行い、ふるまいにどう生かしていけるのか手がかりをつかみます。集団を組織すること/人間関係を築くこと(チームビルディング、リレーションシップ)、および個人の強みを活かすこと(リーダーシップ)等に効果があります。

2.インプロ
インプロ(即興演劇)において、俳優の訓練のために開発された様々なゲーム(インプロゲーム)を用います。日常の仕事や生活には台本も事前打合せも存在しないことが多いので、即興力を鍛えることは、すなわち仕事力・生活力を鍛えることになります。具体的には、コミュニケーション力、状況対応力、他者と協力すること、自分を信頼すること、等に効果があります。

 振り返り
プロジェクト・アドベンチャーのアクティビティやインプロゲームは、あくまでも学びを起こすための手段です。
目的はそのアクティビティをうまくやることではありませんし、それらを行っただけでは「楽しかった」で終わってしまいます。
最も重要なのは、「そこから何を学んだのか」「仕事にどう活かしていくのか」という点です。
振り返りこそ、私たちのもっとも得意とするところです。

<振り返りの例>
1.事実の把握 「どんなことが起きていましたか?」「どんなふうに関わっていましたか?」 など
2.影響の把握 「どんなふうに作用していましたか?」 など
3.学びを引き出す 「そこから何を学びましたか?」「どんなことに気付きましたか?」 など
4.現実とつなげる 「仕事の場面でいうと、どうですか?」「普段はどうですか?」 など
5.現実で活用できる学びにする 「今後そういう場面が起きたら、どうしますか?」 など

 

 ● トップページ

 ● 特 徴
 1.組織と個人の相互成長をサポートします
 2.仕事の「成果」と「喜び」の両方を大切にします
 3.体験・体感から学び、振り返りを重視します

 ● 研修メニュー
 0.レゾナンスシップについて

 1.レゾナンス・チームビルディング研修
 2.レゾナンス・マネジメント研修
 3.レゾナンス・コミュニケーション研修
 4.レゾナンス・セルフドライブ研修

 ● 導入事例
 1.営業力強化 (保険会社)
 2.チームビルディング (NPO法人)
 3.コミュニケーション力アップ (情報サービス)

 ● 企業概要

 ● スタッフ

 ● お問い合わせ

 ● ニュース


  ■ 個人情報保護方針

Copyright 2009 RESONANCE FIVE LLP All Rights Reserved.